目標達成を加速させる”小さな目標達成方”

どうも(@yuki2017wsc)です。

今回は小さな目標設定で大きな目標を叶える方法をお伝えします。

今までいくつも目標を掲げては断念してきた著者ですが、この方法を取り入れることで劇的に目標達成とやる気のモチベーションが上がってきたのでご紹介します。

目標をできる限り小さくする

・腕立て1回
・朝10時に外に出る
・文章を50ワード書く
・本を1ページ読む
・ギターで1曲弾く

やろうと思えばできることを目標にする。
この方法がすごい威力を発揮するのです。
今まで、朝30分ランニングすると決めてもなかなかできなかったのですが、この方法を取り入れて朝歩くと決めました。
案外歩いてみるとその流れでランニングや運動をついでにやってしまう。
この1歩目の始動が起きてしまうと勢いよく回ることがわかりました。

大きな目標はモチベーションを無くす

モチベーションがあれば行動を起こせると思っていましたが、実はできるからやる気が起きる。
最初のステップでできることが大切。
大きな目標は達成できれば充実感や満足感は大きいですが、できない時の喪失感や力のなさ不甲斐なさはたまったものじゃありません。
自分ができない人間だと思ってしまい、どんどん今まであったやる気はどこかへ・・・かけ離れたところまでやる気は喪失してしまいます。
大きな目標の前に日々やらなくてはいけないことを毎日やる。
これができてれば成功だと思うことが人を成長させる大きな、原動力になる。

人間は大きな変化は望まない

人間はいつも通りがすごく好きな生き物です。
新しいことをやるときは本当に重い腰が上がらない生き物です。
でも小さな変化は人間も適応能力があるので、欲張らず毎日小さな変化を実行に移すことで人間の感覚を慣らしていく。
新しいお店に行くときはそわそわしてしまうのが、毎日通っているとなんだか親近感が湧くのと一緒で、人間も毎日少しの変化を受け入れることには慣れている。
少しの変化を楽しみ、毎日新しい自分になるために時間を使う。
これが一番自分を新しくする方法。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。